こどもの矯正治療|井土ヶ谷駅の歯医者・歯科なら東京デンタルクリニック|土日祝日診療

〒232-0052神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町158 アクロスキューブ井土ヶ谷2階
045-315-2550
WEB予約
ヘッダー画像

こどもの矯正治療

こどもの矯正治療|井土ヶ谷駅の歯医者・歯科なら東京デンタルクリニック|土日祝日診療

こどもの矯正治療とは?

こどもの矯正治療とは?

 矯正治療には、“大人の矯正治療”と“子供の矯正治療”があります。大人の矯正治療とは、永久歯がすべて生えそろった12歳から14歳以上、成人にかけて行うすべての歯を綺麗に並べていく本格的な矯正治療です。用いる装置も表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正など様々あります。イメージとしては、まず子供の矯正治療を1段階目(Ⅰ期治療)で行った後に、大人の矯正治療で2段階目(Ⅱ期治療)を行っていきます。では子供の矯正治療とはどのようなものなのでしょうか?

目的が異なります

  • 大人矯正
    悪くなった歯並びを治す
  • 小児矯正
    歯並びが悪くなる原因を治す

子供の矯正するタイミングとしては、いくつかのステージがあります。その時のお口の状態とその時期と治療方法について説明していきます。

乳歯のみの時期(乳歯列期)(~6歳)

 乳歯のみの時期であり、積極的に矯正治療で介入しにくい時期です。夜だけ使う柔らかい材料の装置(トレーナー)や指しゃぶりといった歯並びを悪くする癖を治します。経過観察や指導がメインになります。

乳歯と永久歯が混ざっている時期:早い時期(混合歯列前期)(6歳~10歳)

 上下の前歯4本(上下顎中切歯と側切歯)と6歳臼歯がすべて生え終わったあたりになると小児の矯正をできる時期になります。受け口や出っ歯、ガタガタな症状が軽度、中程度、重度のどの状態かを確認する必要があります。
小児矯正の目的としては、重度の症状が出ている場合に、症状を中度、軽度にしてあげて大人の矯正治療で治しやすくすることです。小児矯正だけで治るケースは少ないです。そのため当院では子供の矯正と大人の矯正の2段階の治療(Ⅰ期治療・Ⅱ期治療)を行っております。状況によっては大人の矯正治療から始めた方が期間も費用も抑えられることがあるため、この時期に1度ご相談ください。
また、この時期に見逃してはならない状態の子がいます。受け口(反対咬合)の子だけは必ず矯正の相談を受けてください。放っておくと受け口は成長期にさらにひどくなってしまいます。そのためこの時期にしっかり前歯の重なりを正常にしてあげることで、成長期を迎え、受け口がさらに悪化するのを防げる可能性があります。受け口の子供は時期のアプローチにより成長期でどのくらい顎が出てくるかが決まることもあるので注意が必要です。

乳歯と永久歯が混ざっている時期:終盤(混合歯列期後期)(10歳~12歳)

 ほとんど永久歯に生え変わりが完了し、残っている乳歯が少ない状態です。この時期にはそろそろ子どもの矯正治療もできなくなってくる時期です。この時期で始めるのであれば、ほぼ大人の矯正治療へ移行する可能性が高いです。または、今は治療を待って大人の矯正治療(12歳~)から始めるかを患者さんに選んでもらっております。急いで始めても、永久歯がすべて生えそろうまで待つことになりますので、時間と費用の無駄使いになる可能性があるため、始める時期は慎重に決める必要があります。

小児矯正をすべき理由

  • 大人矯正をする必要がなくなる
  • 大人矯正で抜歯が不要になる
  • 大人矯正終了後、後戻りしにくくなる
  • 姿勢が良くなる
  • 正常な骨格へ促すことができる

小児矯正には多くの利点があります。
もちろん、小児矯正をしたからといって必ず大人矯正をしなくて済むわけではありません。
大事なことは治療を始めるタイミングです。成長を終えてしまうと手遅れになってしまいます。
最小限の矯正で済むよう、小さいうちから早めのアプローチをしてあげましょう。

小児矯正が必要な症状

チェックリスト

チェックしてみてください。

  • 乳歯のみの時点でスペースがない
    将来的なスペース不足
  • 前歯にガタガタがある
    叢生
  • 出っ歯である(上下の前歯の差がとても大きい)
    上顎前突
  • 上下の前歯に隙間があり、麺類が咬み切れない。『サ』行の発音が悪い
    開咬
  • 受け口傾向である
    反対咬合(要注意)
  • 上下の前歯が接していて同じくらいの位置にある
    切端咬合
  • 自然にお口を閉じることができない
    上顎前突 or 上下顎前突
  • 上下の歯の真ん中が大きくずれている(要注意)
    顔面非対称
  • 顎に梅干し状のしわができている
    下顎劣成長
  • 鼻呼吸をしている
    低位舌

当院で行う治療の特徴

 当院では精密検査の際に、従来の2次元のレントゲン写真に加えて3次元の低被爆CTレントゲン写真を導入しており、他の病院に依頼せずとも当院にて低被爆CTレントゲン撮影が行えます。今までの2次元の分析法に加え3次元の要素も加えて様々な方向から患者さんの現状の歯並び、骨格、歯を支える骨、歯根の状態を確認し、外からは目視できない部分もしっかり把握して確実な診断が行うことができます。それにより患者様にあった最終的なゴールを設定し、最短でそのゴールに到達できるように最適な装置を選択し、効率よく安心な治療を行っていきます。

子供もできるインビザライン
“インビザラインファースト”

子供もできるインビザライン “インビザラインファースト”

当院では大人でだけはなく、子供でもできる目立たないマウスピース矯正“インビザラインファースト”もご用意しております。
専用の口腔内スキャナーを設置しています。従来の矯正治療には、お口の中に粘土のような材料で10分ほどの時間を要して型取りをする必要がありました。これは患者さんにとって苦痛なものでしたが、この口腔内スキャナーを用いることによって数分のスキャンで済むようになりました。とくに不快な感覚もありませんので、嘔吐反射で辛い患者様でも問題なく何度でもその都度データを取ることが可能になりました。またこのスキャナーは、患者様のお口の歯のデータをその都度記録しておくことができます。その都度どのように歯が動き、経時的な歯肉の状態も把握でき、患者様にもとても分かりやすくお見せできるようになっております。

型取り不要のマウスピース矯正
『マイオブレース』導入

型取り不要のマウスピース矯正『マイオブレース』導入”

当院では、歯科医療の本国アメリカで用いられている“マイオブレース”を導入しております。子供が嫌がる型取りをする必要がなく、すぐに始めることができます。
歯並びが悪くなる原因は様々あります。例えば、唇や頬からの圧力、舌からの圧力です。特に舌は筋肉の塊なので、大きな力で押されてしまい、お口の中のバランスが偏り、歯が動いてしまいます。このバランスを整えない限り、矯正をしても後戻りしてしまいます。
これらを治療することをMFT(口腔筋機能療法)と言います。MFTとは、お口周りの筋肉や舌の正しい動かし方を覚え、習慣化し、正しく機能させる訓練のことを言います。マイオブレースはそのための口腔内装置です。

MFT(口腔筋機能療法)の効果

  • 鼻呼吸になる
  • 舌が正しい位置になる
  • 正しい飲み込み方になる
  • 口が閉じるようになる

これらを達成することで、矯正後の後戻りを予防することができます。

当院のMFT(口腔筋機能療法)

当院では、マイオブレースだけでなく、プレオルソやEFラインといった様々な装置を用意しております。それぞれのお子様に適した装置をご提案させていただきます。
また、これらの装置はお子様だけでなく、大人の方にもご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

よくある質問

最初に矯正歯科に相談するのは、何歳くらいがよいのですか?

相談に関しては、特に年齢制限はありません。心配なこと、気になることがあれば何歳でもご相談ください。
相談で、まだ矯正治療が早いお子様は定期的に検診を行い、矯正治療をすべき時期の確認を行っております。
ご高齢の方の場合、歯の周囲の骨が吸収し、その状態によっては矯正歯科を行うことで逆に歯を失うリスクになる場合もございます。そのような場合は初診相談で矯正歯科治療のリスクについてご説明させていただいております。

大人の治療は、子どもの矯正歯科治療とどう違うのでしょう?

お子様の場合、顔の骨格が変化していく時期にしかできない矯正治療というものがあります。
とくに、受け口は下顎の過度な成長によって起こることが多く、小児の時期から受け口の予防をすることで下顎の過度な成長を抑制できる場合があります。出っ歯の場合も、下顎が小さいことで出っ歯にみえている場合があり、その場合下顎の成長を促します。
成人の場合、顔の骨格の変化はほぼなく安定しているので、その骨格に合わせて歯並びを整えていきます。その場合、著しい受け口など顔の骨格に過度の変形などがある場合は、顎の形を修正する手術を併用して矯正を行っていきますが、ほとんどの方が手術なく、矯正治療のみで適切な歯並びを獲得することができます。

矯正装置をつけて金属アレルギーが出ることはありますか?

一般に口腔内は皮膚に比べアレルギーはでにくいと言われていますが、金属アレルギーがでる可能性はあります。その場合は、メタルフリーの装置もしくは金属アレルギーがでる可能性が極めて低いチタン製の装置を用いて治療を行ってまいります。すでに金属アレルギーをお持ちの方は十分注意が必要なので、事前に必ずご相談ください。

装着初日には痛みが伴うそうですが、食事は可能ですか?

食事が可能ですが、痛みには個人差があります。
最初は柔らかめの食べ物をおすすめいたします。

歯が動くときの痛みはどの程度ですか?

個人差がありますが、日常生活に支障を来すほどの痛みはなく、激痛になることはありません。
大抵の方が2~3日で痛みはなくなります。

治療中でも、スポーツや楽器の演奏は普通にできますか?

ほとんどのスポーツが可能ですが、口元を強くぶつける可能性のあるスポーツは注意が必要です。ラグビーや格闘技をする場合には、必ず一度ご相談ください。部活などで、楽器を演奏する場合、最初は演奏しづらいと感じることが多いようですが、大概の場合慣れてきます。仕事や学業などで、本格的に楽器を演奏する方は事前にご相談ください。

矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?

発音や食事のしづらさは大抵の場合1週間程度で緩和され、気にならなくなります。